原因は寝方にあるかも?現代人に多い顎関節症

顎関節症とは、顎に違和感が生じる、痛みがでるなどの症状が起こる疾患です。口が大きく開かない、咀嚼のたびに顎の関節から音が鳴るなど、さまざまな症状を引き起こします。顎関節症は、現代人に多い症状とされ、寝方にその原因が潜んでいる可能性があるといわれています。ここでは、顎関節症をセルフケアで防止する方法や病院での治療法などをご紹介していきます。思い当たる症状がある方は、参考にしてください。

 

顎関節症とは、顎に違和感が生じる、痛みがでるなどの症状が起こる疾患です。口が大きく開かない、咀嚼のたびに顎の関節から音が鳴るなど、さまざまな症状を引き起こします。顎関節症は、現代人に多い症状とされ、寝方にその原因が潜んでいる可能性があるといわれています。ここでは、顎関節症をセルフケアで防止する方法や病院での治療法などをご紹介していきます。思い当たる症状がある方は、参考にしてください。

 

原因は寝方にあるかも?現代人に多い顎関節症

この記事の目次

顎関節症のときに見直したいこと

1-1 日頃の癖が顎関節症の原因?

顎関節症は「日頃の癖」が大きく影響する疾患です。その癖の代表的なものとして、以下のものが挙げられます。

・食いしばり
・歯ぎしり
・左右偏った咀嚼
・姿勢
・寝相
・顎に負担のかかる特別な習慣

いかがでしょうか。歯ぎしりは寝ている間にするため、自覚がない方もいるでしょう。また、姿勢が悪い方や、どちらか一方の歯で噛んでいる方は、それが顎関節症の原因になっている可能性があります。

他にも、下記が原因として挙げられます。

・噛み合わせの悪さ
・顎の外傷

噛み合わせの悪さは咀嚼するときのバランスの乱れにつながるため、顎関節に過度の負担がかかる原因になります。理想はそれぞれの歯にバランスよく力がかかることです。しかし、噛合せが悪いと一部の歯だけに過度な負荷がかかり均等に力が分散されなくなるため、顎関節への負担が大きくなってしまいます。

他にも、顎に外傷がある場合は、筋肉の緊張や顎自体の歪みを引き起こすことがあります。過去にケガをした経験がないかなど、歯医者さんや歯科口腔外科を受診する前に一度思い返してみましょう。

 

1-2 寝方が顎関節症に関係している?

寝方は顎関節症に大きく関連しているといわれています。また、寝ころびながらテレビを見たり、本を読んだりする方は、姿勢が悪くなりがちです。そのことが顎へ負担をかけている場合もあります。その中でも、うつ伏せ寝は特に顎に負担がかかる寝姿勢です。うつ伏せになることが多い方は注意しましょう。そのほか、頬杖などをついてうたた寝する癖がある人なども、習慣を見直すようにしましょう。

また、寝ているときの「歯ぎしり」も顎関節症に大きく関係しています。歯ぎしりは睡眠中に無意識で行われるので、たとえ自分では歯ぎしりをしていないつもりでも、毎晩歯ぎしりを繰り返している可能性があります。つまり、自分の知らないうちに、毎晩顎に負担をかけてしまっている恐れがあるということです。歯ぎしりは、歯や顎だけでなく、体全体に影響することもあるため、早めに対処するほうがいいでしょう。

 

 

顎関節症を防ぐための寝方

2-1 まずはストレス解消から

歯ぎしりの原因のひとつとしてストレスが挙げられます。寝ているときはストレスが原因の症状が出やすいといわれているので、ストレス解消を目指すことが症状改善につながるでしょう。寝る前にハーブティーを飲む、適度な運動をするなど、リラックスできる習慣を身につけることが大切です。ストレスの根本原因を取り除くことはなかなか難しいことですが、できるだけストレスに触れないような生活を送るといいでしょう。

 

2-2 質の良い睡眠がとれる環境を整える

いい姿勢で眠れるよう、ベッドや枕を見なおすこともいいでしょう。横になった状態でテレビを見ながら寝てしまう習慣がある方は、横になれるようなソファを置かない、ベッドルームにテレビを設置しないといった工夫も大切です。デスクで仕事をしたまま寝てしまう方も、その行動が顎関節症の原因になっている可能性があります。

ちょっとした意識でも生活習慣は変えられます。まずは顎に負担のかからないような寝方で、睡眠をとることからはじめてみてはいかがでしょうか。寝方を変えることで睡眠時や起床時に快適さを感じることができれば、顎に負担をかけない環境を維持しやすくなるのではないでしょうか。

 

2-3 睡眠時以外にも注意が必要

睡眠時以外に寝姿勢を取ることが多い方は、首や頭を傾けてテレビや本を読んだり、手を枕のようにして寝ていることも多いのではないでしょうか。頬杖をつく、脚を組んで寝るなどの癖も、バランスが崩れる原因です。不調を改善するためにも、正しい姿勢をとるように気をつけましょう。

 

どうしても悪い寝姿勢を取ってしまう場合

3-1 ストレッチなどで緊張緩和を

寝るときにどうしても悪い姿勢を取ってしまう方は、ストレッチなどで緊張緩和するようにしましょう。仕事などが忙しく日頃の習慣を変えることができないという方も多いでしょうが、ちょっとした空き時間に取り入れるだけでも効果がでる場合もあります。こまめに身体の筋肉をほぐし、緊張状態が長く続かないようにケアするように心がけましょう。

 

3-2 ゆっくりと顎を動かすストレッチ

まず、口を軽く開けます。そのままの状態で顎を前後、左右へとゆっくりと動かしていきましょう。慌てたり勢いをつけて行うと、悪化やトラブルを引き起こす原因となります。必ずゆっくり動かすように心がけましょう。

 

3-3 割り箸を使ったストレッチ

割り箸を左右の奥歯で同時に噛みます。食いしばるように強く噛むのではなく、やさしい力で噛みましょう。左右両方の奥歯に同じ力をかけるようにすることが大切です。

 

3-4 その他のセルフケア

顎関節症を予防するために、下記のセルフケアも同時に行うようにしましょう。セルフケアというよりは、習慣を見直すようなものです。意識するだけでも顎関節症の予防に繋がります。

・歯と歯がくっついた状態にならないようにする
奥歯の上下がいつもくっついているという方は、食いしばる癖がある可能性があります。上下奥歯を適度に離すように心がけ、食いしばらないように意識しましょう。

・咀嚼が偏らないようにする
ご飯を食べるときには、左右両方の歯を使って咀嚼するようにしましょう。まず、自身の噛み方がどちらか一方に偏っていないかをチェックしてみてください。

・頬杖をする癖を治す
頬杖をつく癖がある方は、肘をテーブルに乗せないように気をつけましょう。

 

お医者さんで的確な治療を

4-1 顎関節症はきちんと治療を

顎関節症には、顎の周辺が痛い、口が開けづらい、顎を動かすと音がする、噛合せに違和感があるなど、さまざまな症状があります。痛みがなく症状が軽い場合は、甘く考えてしまい病院に行くタイミングを逃してしまうこともあるでしょう。また、日常的に歯医者さんや口腔外科にかかっていない方も多く、それが顎関節症の悪化、慢性化につながっている可能性もあります。

顎関節症は筋肉、靭帯、関節円板、変形線関節症など、身体のさまざまな部位の歪みや、炎症、損傷などが原因で発生します。これらの歪みや炎症、損傷を放っておけば、さらに悪化し、治療が難しくなる可能性もあります。セルフケアを行ってもなかなか改善されず、顎関節症の慢性的な症状が現れた場合は、すぐに歯科口腔外科を受診し、原因を明らかにしましょう。

病院では、状態や原因ごとにあわせた適切な治療をしてもらえます。歯ぎしりが原因と考えられる場合は、患者さんに合わせたマウスピースを作ってもらうことも可能です。顎関節症は悪化してしまうと手術が必要になるケースもあります。早期に原因を究明し治療することが重要です。

 

4-2 こんな症状があったら注意を!

ここでは、自身が顎関節症かどうか自覚がない方のために、簡単なチェック法をご紹介します。

・口を開けたとき、指3本分(人差し指、中指、薬指)が縦に入るか
もし指が3本すべて入らない場合は顎関節症の可能性があります。専門医に相談しましょう。

・口の開閉時に顎の痛みがあるか
ゆっくりと口を開閉したときに、顎に痛みがないかを確認しましょう。痛みがある場合は顎関節症の可能性があるので、早めに病院を受診しましょう。

・口を開けるときにスムーズに開くか
口を開けるときにスムーズに開かない場合は、顎関節症の可能性があります。ガクッと音がする、まっすぐ開かないなど、口を開けるときの動きで違和感がある場合は、専門医に診てもらいましょう。

・固いものを食べるときに痛みや違和感がないか
固いものを食べるとき、顎に痛みが走ることはありませんか?もし痛みや違和感がある場合は、顎関節症の可能性があります。歯医者さんや歯科口腔外科など、専門医を受診しましょう。

 

まとめ

今は自覚症状がなく重度の顎関節症ではないという方も、将来的に重度の顎関節症に発展する可能性はゼロではありません。寝方や生活習慣を見直して予防をするようにしましょう。顎の違和感だけでは病院に行きづらいという方もいらっしゃるでしょうが、顎関節症はひどくならないうちに早めに治療することが大切です。痛みがないからと放置していると、顎が開かなくなるような重度の顎関節症に発展する可能性あります。定期的な歯科健診などを利用しながら、ご自身の顎の状態をこまめに確認するようにしましょう。また、自己判断でセルフケアを行うと悪化する場合があるので、必ず医師の指導のもと行うようにしてください。

今日、求めていた歯医者さんが見つかる

 

 

不正確な情報を報告

顎関節症の相談ができる歯医者さん一覧へ 顎関節症の相談ができる歯医者さん一覧へ

<認定番号 JM01026-180128> マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(ゴールド)付与の認定を受けています。