カタル性口内炎、原因は口内の傷!その不快な症状と治療法

口内炎の一種で「カタル性口内炎」と呼ばれるものがあります。症状としては、お口の中全体が赤く腫れ上がって熱を帯びた状態になります。

一般的な口内炎で、くぼんだ白い腫瘍ができる「アフタ性口内炎」とはタイプが異なるのが特徴です。

この記事では、カタル性口内炎ができてしまう原因や、症状を改善させる治療法も紹介していきます。

カタル性口内炎、原因は口内の傷!その不快な症状と治療法


この記事の目次

1.カタル性口内炎の症状と発症する原因

1-1 カタル性口内炎の症状

この章では、カタル性口内炎の特徴を紹介していきます。症状としては以下の通りとなっています。

  • 口の中が赤く腫れ上がる
  • 熱を持つ
  • 刺激の強い食事がしみてしまう
  • 唾液の分泌量の増加
  • 口臭の発生

一般的な「アフタ性口内炎」と比べると痛みは弱く、口の中が赤く腫れてしまい、熱を持ってしまいます。そのため、口内炎であることに気づきにくいのが特徴です。

1-2 カタル性口内炎の原因は傷

カタル性口内炎は身体の疲れや風邪の影響で健康状態が悪化すると発症しやすいのですが、直接の原因となるのが口腔内に傷ができてしまった場合です。傷から細菌が侵入することにより発症してしまいます。

口腔内に傷ができてしまう要因として、入れ歯や矯正器具を装着している人の場合は、装置が粘膜に当たって擦れてしまうことで、その部分に傷ができることがあります。また、熱い食事や刺激の強いものを口にして粘膜に傷を負うケースもあります。

その他、虫歯や歯周病により口内環境が劣悪な場合や、ビタミン不足、ヘビースモーカーの人なども口腔内を正常に保てなくなる要因になってしまうので、要注意です。

2.カタル性口内炎の治療法

カタル性口内炎を治す方法として一般的なのが、抗生物質が含まれている軟膏(口腔用)や、トローチを舐めることです。刺激の強い食べ物も避ける必要があります。

ただ、原因が虫歯や歯周病の場合、歯医者さんで根絶してもらうことが必要です。入れ歯や矯正装置が粘膜に擦れてしまう場合は、装置を作り直すという策を取ります。また、マウスピースを使って粘膜を保護するという方法もあります。

カタル性口内炎の女性

口内炎は「カタル性」だけでなく、さまざまな種類があり、治療の仕方もぞれぞれ異なります。口内炎がなかなか治らずに悩んでいる方は、歯科口腔外科を併設している歯医者さんに一度相談してみましょう。

口内炎が治らない人へ、原因と改善策!医師への診断のススメ

3.歯科口腔外科を受診できる歯医者さんを全国から探す

お口の痛みがひどく我慢できない!など、いざという時のために通いやすい地域で歯科口腔外科がある歯医者さんを探しておくと便利です。
口腔外科Bookでは、各地域でおすすめの歯科口腔外科がある歯医者さんを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

3-1 東京でおすすめの歯科口腔外科

東京でおすすめの歯科口腔外科を↓↓↓のコラムで紹介しています。
歯医者さんごとの特徴やおすすめポイントが詳しく書いてあり、「自分に合ったいい歯医者さんは無いかな?」とお探しの方にお役立ち情報をお届けしています。
医院バナー_歯科口腔外科_東京

3-2 全国で歯科口腔外科がある歯医者さんを探す

北海道の歯医者さんを探す

宮城県の歯医者さんを探す

埼玉県の歯医者さんを探す

千葉県の歯医者さんを探す

東京都の歯医者さんを探す

神奈川県の歯医者さんを探す

新潟県の歯医者さんを探す

静岡県の歯医者さんを探す

愛知県の歯医者さんを探す

京都府の歯医者さんを探す

大阪府の歯医者さんを探す

兵庫県の歯医者さんを探す

岡山県の歯医者さんを探す

広島県の歯医者さんを探す

福岡県の歯医者さんを探す

熊本県の歯医者さんを探す

3-3 その他の地域の歯医者さん

全国の各都道府県で歯医者さんを検索できます。
https://haisha-yoyaku.jp/

まとめ

カタル性口内炎は口内が赤く腫れ上がってしまい、熱を帯びた症状が生まれます。自分の症状は該当するのか、気になる方はもう一度この記事を読み直してみてください。そして、医師に適切な診断を行ってもらいましょう。

不正確な情報を報告

<認定番号 JM01026-180128> マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(ゴールド)付与の認定を受けています。